薄毛治療・AGA・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!

AGAとはどういう現象か?

  • HOME »
  • AGAとはどういう現象か?

日本でAGAにかかっている人は、1200万人以上いると言われています。その中で自分で自覚して治療している人は、800万人ということです。

ですので、半数以上が何らかの対策をしていますが、それが本当に効果のある方法なのかどうかは疑問が残ります。

なぜなら、AGAになるメカニズムを本当に知らないで、単純にTVCFなどを見て育毛剤を購入しているなどの人がほとんどだからです。

しっかり、本当にAGAを治したいならまずAGAのメカニズムを理解しましょう。

AGAとはどういう現象かといいますと、一言でいうと「育毛サイクルの異常」です。

髪の毛は、通常3つのサイクルによって、生えかわっています。

まずは、「成長期」です。

これは毛乳頭の活動が活発で、毛母細胞がしきりに細胞分裂を起こし、どんどん毛が生えている状態です。だいたい1本の毛においては、2年から6年間この時期が続きます。

次にくるのが「退行期」です。毛母細胞が細胞分裂を止め、髪の毛の成長がストップします。毛根が頭皮の方へ上がっていき、髪の毛は抜けやすい状態となる。この時期が2週間から3週間続きます。

そしてそのあとが「休止期」です。今生えている硬い毛が、抜け始めます。そして次の新しい毛が生えはじめます。この時期が2か月から3か月続きます。

この、1本の毛の3年~7年にわたる育毛サイクルが正常に、それぞれの髪の毛において行われることによって、頭部の頭皮は生まれ変わり、常に髪の毛がふさふさの状態になるわけです。

AGAになると、このうちの「成長期」の時期が短くなります。つまり2年から6年かけて、短い毛が長く伸びるものが、1年程度の終わり、次の退行期に移って抜けてしまうのです。したがって、短いうちに毛がどんどん抜けるので、髪の毛全体が少なくなっていくのです。

AGAの人の抜け毛が細くて短いのは、この成長が十分に行われていない間に抜けてしまったからです。

本当に効果のある「育毛剤」「発毛剤」は、この異常になった育毛サイクルを正常に戻す作用を持っています。

逆に言えば、本当に効果のある「育毛剤」「発毛剤」を選ぶなら、このメカニズムにきちんとアプローチしているのかを判断基準にするとよいということです。

薄毛治療・AGA・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!


ヘアメディカル

バイオテック

AGAの対策・治療のための総合研究サイト

AGAから若ハゲ・女性の薄毛まで
薄毛・ハゲ対策の総合サイト
>>ハゲラボ

何だか前より毛が薄くなってきた‥?と感じたら。今すぐ知りたい・早く試したい方法が満載!!
>>薄毛ナンデス
PAGETOP