薄毛治療・AGA・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!

主人を変えた「プロペシア」というAGA治療薬

  • HOME »
  • 主人を変えた「プロペシア」というAGA治療薬

私の主人は若い頃からAGAで困っていたそうです。大学生くらいから髪のボリュームが気になり始めて、シャンプーや整髪料などを変え始めたということでした。
私と出会ってからも髪はどんどん寂しくなってく一方で、実際の年齢よりも老けて見えることを気にしていたのですが、ついにAGA治療をすることになったのです。私は主人の髪があってもなくても特に何も思わないのですが、本人がそれで自信がつくなら……と承諾しました。
主人はAGA外来に行って「プロペシア」という薬を処方されてきたようです。副作用はほとんどなく、毎日飲むだけという簡単なもの。正直、こんな薬ひと粒を毎日飲むだけで何か変わるのだろうか? と思いましたが、せっせと毎日飲んでいるようでした。
そして、半年くらい経った頃に主人の髪が太く濃くなっていることに気付いたのです。毎日主人の顔を見ているので変化になかなか気づきづらかったのですが、ある日「髪増えた?」と思いました。今まで地肌が見えていた部分も髪で見えなくなっており、同じ髪型なのにボリュームが増したぶんヘアスタイルも変わったように見えたのです。
その頃から主人の表情も少し明るくなって、外出も増えた気がします。また、今までは地肌が見えないように髪をヘアスプレーでガチガチに固めていたのですが(それが逆に頭皮に悪いのでは?と思ったのですが黙っていました)、整髪料を使うのもやめたようです。自然だしおしゃれな髪型もできるようになったので、見た目の感じがとても爽やかになったと思っています。私はデリカシーがないのか気づきませんでしたが、主人にとってはAGAというのが凄くコンプレックスになっていたんだなあと思いました。
これからもプロペシアは続けるとのことですが、薬を飲むだけでこんなに劇的な改善が見られるなら、悩んでいる人はとにかく初めて見たらいいと思いました。シャンプーを変えたり頭皮マッサージの道具を買ったりするよりもよっぽど経済的で楽なのではないかと思います。


PAGETOP