薄毛治療・AGA・発毛のおすすめ病院口コミ比較ランキング!

薄毛治療に保険は適用される?知っておきたい髪の毛のハナシ

  • HOME »
  • 薄毛治療に保険は適用される?知っておきたい髪の毛のハナシ

薄毛が気になるとき、クリニックに出かけて適切な薄毛治療をおこなうことも大切です。病院に出かける前に不安になってしまうのが「薄毛治療に保険は適用されるのか?」という問題についてです。薄毛治療をおこなうとき、保険は適用されるのでしょうか。

男性の薄毛治療、保険は適用されるの?

男性

加齢とともに、おでこがだんだん広くなってきた…。つむじの辺りがカッパのようにハゲてきた…。年齢を重ねるにつれて薄毛やハゲが気になってきた男性も、多いのではないでしょうか。男性がAGAクリニックに通ったとき、保険は適用されるのでしょうか。

答えはノー、抜け毛やハゲが気になる男性が病院にいって適切な治療を受けたとしても、その費用は保険負担になることはありません。そもそも保険が適用されるか否かは厚生労働省が決めているもの。保険が適用されるかどうかは「生命のリスクに関わるか否か」の基準で決められています。

残念ながら美容整形と同じような目的をもつ男性型脱毛症(AGA)の治療には、保険は適用されることはありません。保険が適用されると思って病院に勇み足で出かけても、たいていの場合男性型脱毛症に保険適用はなされないので注意しておきましょう。

女性の薄毛治療、保険は適用されるの?

女性

つづいて女性のケースについても、チェックしていくことにしましょう。最近はカラーリングや白髪染め・パーマなどの影響で、抜け毛や薄毛を気にしている女性も増えてきています。分け目の薄さが気になるようになったら、まずは一度専門のクリニックを訪れてみることも大切です。

女性の薄毛は「FAGA」と呼ばれています。女性男性型脱毛症と呼ばれる症状で、ホルモンバランスの乱れなどによって、頭皮がアンバランスな状態になっていることを意味しています。育毛剤や育毛サプリなどを飲んで治療を進めていくことになりますが、問題は保険適用がなされるかどうかです。

結論からいうと、女性の薄毛治療にも男性と同じく保険適用はされません。すべて自己負担となってしまうケースが多いため、これからクリニックに行こうと思っている方は、ある程度の心づもりをしておくことがおすすめです。女性の抜け毛治療も男性と同じく「美容目的」だと国から判断されているため、すべて自己負担になってしまうケースが多くなっているのです。少し納得がいきませんが、真実が分かればスッキリしますね。

保険適用される、イレギュラーなケースは?

チェックシート

一般的に男性型脱毛症や女性男性型脱毛症の治療には、保険の適用がなされません。窓口で支払う料金は、全額自己負担となってしまうことがあります。その一方で「保険適用されるイレギュラーなケース」というものも存在します。保険が適用されれば、それだけ窓口で支払う現金の額もおのずと減っていくもの。どんなケースが該当するのでしょうか。

保険適用されるケースとして挙げられるのが、皮膚疾患による脱毛症・甲状腺疾患による脱毛症などです。たとえば頭皮が通常より脂っぽい脂漏性皮膚炎という病の場合、保険適用と認められ保険を使うことができます。また甲状腺の病気により脱毛がおきているときは、保険を利用しながら治療をすすめていくことができます。

最近とみに抜け毛が増えた、頭皮が脂っぽい、心臓がどきどきすることが多い…。このように感じたら、皮膚や内臓疾患による影響で抜け毛が進行していることもあります。正しい治療をおこなうことによって抜け毛がストップできる可能性もあるため、まずは一度クリニックを訪れてみることもおすすめです。

保険適用か、判断に迷ったら…

ハテナマーク

ひと口に薄毛やハゲといっても、その人の体質や体の状態によって実に様々な原因が隠されていることがあります。「自分の場合、保険が適用されるのかな?」と治療内容や費用に不安を抱いたら、とりあえず一度は最寄りのクリニックに相談してみることがおすすめです。

どの科を訪れようか迷った場合は、皮膚疾患の利用や内臓疾患の可能性も検査できる皮膚科や内科を。更年期が気になるときは、婦人科を訪れてみることも大切です。

最近ではAGAやFAGAを専門に治療してくれる薄毛治療専用の病院も増えてきました。こうしたクリニックで保険適用の治療を受けることは難しくなりますが、それでも今の髪の毛の状態にマッチした最先端の治療を受けることができるのは確か。迷っているよりは、一歩足を踏み出してみることで見えてくる世界もあるはずです。

保険適用されるのか、されないのかは当事者本人では確認できません。自分のカラダの状態を客観的に知るためにも、専門の医療機関に足を運んでみることが重要になります。

まとめ

仕事のストレスや不規則な生活、パーマやカラーリングなど色々な事象が積み重なって抜け毛・薄毛は進行していきます。男性型脱毛症および女性男性型脱毛症に、保険は使うことはできません。

けれども皮膚や内臓疾患など、何らかの病が背後に隠れている場合は「保険をつかって治療に臨むこと」ができます。自分のボディの状態を正しく知るためにも、まずは一度専門クリニックを訪れてみると良いでしょう。


PAGETOP