AGAを治すために1番よいのはクリニックに行くことです。
もちろん世のなかには、育毛剤が大変にたくさん販売されていて、どの商品もメーカーは薄毛治療に効果があるということを歌っていますが、本当に効果があるという商品は少ないのが現実です。ですので、本当に、確実にAGAを治したいと思った場合は、クリニックに行って医療的な方法で治療することが結局は近道です。
クリニックに行くと、費用がかさむのではないか、という懸念もあると思いますが、治療法によって費用はかなり違います。また効果というか、AGAが治る確率も違います。ここでは、クリニックで行うAGA主な治療法について紹介し、悩んでいる方の参考にしていただければと思います。

薬剤の服用
クリニックに行っておこなわれるもっとも簡単な治療法は、薬の服用です。薬には2種類あって、まず頭皮にぬるミノキシジル、そして口から飲むプロペシアです。ともにアメリカの厚生労働省のようなFDAという組織で、公式にAGAに効果があると認められた医薬品なので、確実です。ただし、実際のところは、効果が出る人は60%くらいだとも言われています。費用はただ薬を処方してもらうだけなので、比較的安く、1か月1万円程度で済みます。

薬剤の注入(育毛メソセラピー)
今書いたのは、薬剤を塗ることと、飲むことで身体の中に入れる、という方法でしたが、これは正直言って効率が悪いです。薬剤が血管に入って身体に効果がある発生するまでに、身体の中で分解してしまう分も結構あるからです。そういうことを避けるためには、その薬剤を注射で頭皮から直接体内に入れることが確実で、その治療法を「育毛メソセラピー」と言います。注射と言っても、ちょっとちくっとするくらいでほとんどいたくはありません。治療期間は基本的にか月で、効果が現れる確率は80%程度だと言われています。その分費用も高く、6か月で50万円前後が必要です。

薬剤の注入(HARG療法)
育毛メソセラピーと同じように薬剤を頭皮から直接注入する治療法にもう1つ「HARG療法」というものがあります。これは、HARG療法での治療を認められたクリニックでした行うことのできない治療法です。基本的には育毛メソセラピーと一緒と書きましたが、注入する薬剤に「成長因子」を入れていますので、さらにより確実に発毛効果が得られます。だいたい確実としては90%程度です。費用的にはその分高く、やはり6か月間の治療で80万円程度かかります。

以上の3つの治療法が、クリニックで行われる主なAGAの治療法です。費用と対効果を考えて選択してください。