日本皮膚科学会は2010年に男性型脱毛症診療ガイドラインを発表しました。現在でもそうですが、たくさんの薄毛治療が巷に氾濫しているという状態にあることから医学的なエビデンスを元にして効果がある薄毛治療はどの方法なのかを指し示したガイドラインであると言っていいでしょう。

すべての薄毛治療をガイドライン通りにすればいいということではないでしょうが、少なくともどのような薄毛治療をすればいいのかの指針になることは間違いないでしょう。

ガイドラインでは医学的なエビデンスから薄毛治療方法をAからDまでにランク分けして推奨しています。ランク分けされているのは薄毛治療でよく行われている治療薬などでAランクであれば強く勧められるとなり、Dランクでは行わないように勧められるとなっています。いわば、このガイドラインは薄毛治療法が格付けされたものであると言えば分かりやすいでしょうか。ランクから言えばAランクBランクまでは勧められるということになっていますが、C1ランクではぎりぎり勧められる、C2とDは止めておけと言うことになっていると理解すべきでしょう。

薄毛治療のガイドラインでAランクとしてもっとも推奨度が高い治療法はミノキシジル外用とフィナステリド内服となっています。薄毛治療の専門的な医療機関にかかるとミノキシジル外用とプロペシアと呼ばれることが多いフィナステリドの内服を併用した薄毛治療が多いことを考えるとうなずける結果であると言っていいでしょう。ただし、ミノキシジルとフィナステリドには副作用も報告されていることから医師の管理による治療が必須となっています。

次に医学的なエビデンスがあるとされているのは意外と思われるかもしれませんが、自毛植毛による薄毛治療です。これはBランクとなっており、勧められる治療法とされています。外科的な方法を用いることから、Aランクになっていない可能性があり、科学的なエビデンスをもっているということから見れば、かなり有効な治療法といっていいのではないでしょうか。外科的な方法をどう見るかにもよりますが。

C1ランクも治療法としては十分なエビデンスがないが、効果があるかもしれないという治療です。例えば、まだ軽症な薄毛である場合には治療法として試す価値はあるという感じでしょうか。
薄毛治療のパターンとしてはミノキシジルとフィナステリドを優先して、それで効果がなければ自毛植毛を検討するということになるのでしょう。