30代を超えると薄毛が気になってくる人が多いのではないでしょうか。最近では薄毛は男性だけではなく女性でも気になっている人が多いようです。では、薄毛になる原因と改善策を紹介したいと思います。
まず、薄毛になる原因は生活習慣とホルモンによる影響の2つだということがわかってきました。不規則な生活を続けていると自律神経の乱れや血行不良などを招き髪が細くなり成長も遅れます。どのような生活習慣を送っていると薄毛になるかというと、食生活の乱れ、過度なストレス、睡眠不足、運動不足、喫煙、カフェインの取りすぎ、PC、スマホの見すぎ、アルコールの飲みすぎなどです。意外とたくさんあてはまるという人がいるのではないででしょうか。特に、運動不足やPC、スマホのやりすぎは近年問題になっていますよね。薄毛は遺伝によると思っている人も多いのですが、自分の意思で改善することが出来るので薄毛がきになる人は自分の生活習慣を考えてみてくださいね。そして、食生活もとても重要ですよね。そこで、薄毛になってしまう食生活はどんなものがあるかというと、バター、生クリーム、チーズ、卵、肉の脂身、砂糖、ジャンクフード、ポテトチップス類などこれらは薄毛の原因になるので食べ過ぎに注意してくださいね。そして、若い人に多いのが睡眠不足です。髪は寝ている間に最も成長するので睡眠不足は育毛には天敵です。そして、PCやスマホの見すぎで自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。ブルーライトは交感神経を活発にさせる働きがあるため、人を常に緊張状態にさせてしまいます。この状態は頭皮に良くないので特に寝る前2時間はスマホやPCなどを見ないようにすることが大切です。そして、男性の多くはこのような生活習慣と男性ホルモンが原因で引き起こされます。また、女性も男性ホルモンの影響を受けて薄げになってしまうので女性だからといって安心は出来ません。ホルモンの薄毛を改善するにはホルモンの働きを阻害、発毛成分が含まれた育毛剤の使用をすることで薄毛が改善されるので薄毛が気になる人は若いうちからケアをすると良いですね。
このように、薄毛の原因を紹介しました。男女どちらとも薄毛になる可能性があるので注意が必要です。若い頃は何も気にしないで生活してしまいますが、30代を超えてくると乱れた生活習慣は必ず薄毛に影響してくるので若い頃から生活習慣を整えるなどケアをしておくことが大切です。若い頃からのケアが30代をこえたときの薄毛に関係してくるので若いうちから対策をしておきましょうね。