私の親戚が実際、薄毛治療を行っていました。
おかしいと思ったのです。
なんとなく薄いなと思っていたのに、久しぶりに会ったら普通に生えているのです。
かつらでも無さそうですし、一体どうしたのかと思ったら、どうやら薄毛治療をやったらしいというのが聞こえてきました。
直接聞くのは申し訳ないと思いつつ、思い切って聞いてみることにしました。
そうしたらやはり、薄毛治療を行ったとのことでした。
ですが、年齢を考えると薄毛なのは決しておかしいことではありませんし、大して気にしていませんでした。
ですが、本人としてはやはり気になっていたのでしょう。
今は髪のことを気にすることがほとんどないので、随分気が楽になったようです。
確かに、今の髪の状態なら、髪を気にすることはあまりなさそうです。
治療は実はまだ続いているみたいですが、もう終わってもいいのではというくらいだと私は思いました。
では、治療といっても何をしているのかというと、私はなんとなく施術のようなものをしていると思っていたのですが、どうやらそうではないようです。
ではどんな治療かというと、主に薬を飲んでいるそうです。
他にもやっているのかもしれませんが、主にという点では薬を飲んで、定期的にクリニックに通ってというかんじみたいです。
そのクリニックというのも割と近所にあるといいますか、結構通いやすいところにあるみたいです。
ですので、通うのも苦ではないみたいですし、交通の便もよいので帰りにどこかに寄ることも出来るみたいです。
ついでに行くという感覚も大事なのかもしれませんね。
それに、定期的に通うといってもしょっちゅうというわけではないみたいなので、そんなに面倒にならないみたいです。
ですが、面倒になってしまうという人もいるかもしれません。
そういう人は、別になんか用事を作るというのもありかもしれません。
そうすれば行きやすくなるでしょうし、通いやすくなるでしょう。
そういう工夫があっても良いと思います。
特にトラブルもなく、思ったほどお金がかかるわけでもなく、至って順調のようです。
どの程度まで増やしたいのかは分かりませんが、あまりに増えすぎると違和感が出てきてしまうと思うので、程ほどにしてほしいですね。
そうすれば、自然な仕上がりになると思います。
医師の方もそのあたりはさすがに分かっていると思うのでおかしなことにはならないと思いますが、増えればいいというものではないというのは分かって欲しいですね。