AGAとは男性型脱毛症のことで、原因として考えられているのは遺伝、食生活、心因性(ストレスなど)、ホルモンバランス、生活習慣などです。数年おきに登場して話題となる「毛生え薬」ですが、副作用が強かったり、科学的な根拠に乏しく、また効果も期待できないようなものも、過去にはたくさんありました。

近年開発されて定着しつつあるのが『フィナステリド』です。
薄毛やハゲのメカニズムの一つに、男性ホルモンであるテストステロンが、何らかの原因によりDHT(ジヒドロステロン)に変異した際に強烈な脱毛指令が発せっられることが分かっています。フィナステリドはテストステロンがジヒドロステロンの変異する際に大きく関与する物質5α-リダクターゼの働きを阻害することでDHTへの変異を防ぎ脱毛を抑制するという仕組みなのです。

フィナステリドはもともとは前立腺肥大、前立腺がんの治療に使われていた薬剤で、それを投与された患者の薄毛、ハゲが改善されていたことがたまたま発見されてAGA治療薬として使われ始めた、という経緯があります。すなわち結果や効能が先に見つかって商品化されたものですので信頼性はかなり高いと言えるのです。

フィナステリドが有効な薄毛の症状としては男性ホルモンに関連した場合ですので、原因が違えばもちろん効果はありませんが、DHTが原因での薄毛の方は非常に多くおられるようです。高齢者の女性に見られる薄毛もホルモンバランスが原因とされていますが、男性の場合とはメカニズムが違うために効果は見られません。

DHTが原因による薄毛は毛が毛根から発毛し、数年かかって黒くて太い毛髪になる手前で脱毛してしまうので、残った毛髪は成長前のもので、色は薄く柔らかい状態です。この「軟毛」が見られる場合が最もフィナステリドの効果が期待できます。

フィナステリド製剤は開発した米メルク社の『プロペシア』が有名ですが、現在では多くのメーカーから発売されています。日本ではMSDからの販売となります。皮膚科、脱毛専門クリニックを受診して処方してもらう他、インターネット上でも多くの販売サイトが存在し、価格面でのメリットからこちらを利用する方も多くいます。

脱毛専門クリニックではフィナステリドの効果を上げるために、血管拡張剤である『ミノキシジル』との併用を勧められる場合もあり、またミノキシジルは整髪料などにも配合されて、その効果が注目されています。