薄毛に悩む人は多くいます。そして薄毛になる原因にはいろいろあります。

年齢が高くなると、老化によって薄毛になる人が増えます。また、大きなストレスが薄毛の原因になることもあります。これらの原因による薄毛は、男性にも女性にも見られます。また、ホルモンの関係によって薄毛になることもあります。それがAGAです。AGAとは男性型脱毛症と言われるもので、男性特有の薄毛です。

原因は男性ホルモンの一種が関係しています。男性ホルモンは酵素の影響を受けて、髪の毛の成長を阻害する物質になることがあります。この物質が多くなることで、髪の毛が十分に成長することができなくなり、成長する途中で抜けてしまうものが増えてしまい、その結果、薄毛になるのです。

AGAでは、前頭部や頭頂部、生え際などの髪の毛が薄くなっているケースが多く見られます。AGAは中高年だけでなく、若いうちから薄毛になる原因ともなっています。薄毛を改善するためには育毛剤を使用するのが一般的な方法ですが、AGAの場合には、髪の毛の成長を阻害する物質が関係しているため、育毛剤ではなかなか効果が見られない人もいます。しかし近年では、AGAの治療薬が開発され、治療可能なものとなっています。

治療薬は、男性ホルモンが酵素によって髪の毛の成長を阻害する物質になるのを防ぐ作用があります。また、頭皮の血行を促進する薬なども用いられます。

医師が診察を行い、その結果、治療方法を決めます。薬は内服薬や塗り薬などがあります。このように、AGAは医療機関を受診することで、治療を行うことができます。ただし、自由診療となるため、費用は全額自己負担となります。薬の効き方は人によって異なりますが、内服薬などを使用してから数か月から半年程度で効果が実感できる人が多いようです。AGAは年齢とともに髪の毛が薄くなっていくケースが多くあります。早い段階で治療する方が、早く回復する可能性が高くなります。治療を行っている医療機関はインターネットなどで調べることができます。